top of page

栃木市のお客様 障がい者福祉施設様のナースコール工事


病院で寝ている患者さんがナースコールを押す

栃木市の社会福祉法人様のナースコールの工事に行ってきました。


今回の仕様は電話設備とナースコールが一体化している主装置なのでPHS子機は電話とナースコール両方に対応していてとても便利で経済的なシステムです。


ナースコールとは?

ナースコールとは、患者さんなどがインターホンの「呼出しボタン」を押すだけで、スタッフルームの電話機や介護スタッフのPHSなどを同時に呼出し、ハンズフリーで通話することができます。入居者様への素早い対応が可能になります。

介護スタッフの負担軽減と入居者へのサービス向上を実現するコミュニケーションツールです。


ポイント1:

小規模な施設から大規模な施設まで幅広く対応できます。複数のシステムを接続すれば、さらに大規模な施設にも対応可能です。


ポイント2:

従来からの施設に比べて、低コストで導入可能です。オプションの呼出し履歴管理やセキュリティ対応が充実しています。


ポイント3:

施設向けの電話設備、緊急呼出しコールシステムの併用も可能となっています。




主装置工事

ナースコールと電話はPHS連動させます





弱電端子盤 電話・ナースコール LAN 光ケーブル

弱電端子盤 電話・ナースコール LAN 光ケーブル


弱電端子盤 電話・ナースコール

主装置成端


弱電端子盤 電話・ナースコール

IDF成端


弱電端子盤 電話・ナースコール



無線LANアクセスポイント

YAMAHA製アクセスポイント




現代のナースコールシステム


現代のナースコールシステムは、さらに高度な機能を備えており、呼び出しの優先度を設定したり、特定のスタッフへの直接呼び出しを可能にするなど、より効率的な対応をサポートしています。また、一部のシステムでは、患者の健康状態を監視する機能も組み込まれていることがあります。


ナースコールシステムの将来的な需要については、以下の要因が関係しています:

  1. 高齢化社会の進展:世界的に高齢者人口が増加しており、特に先進国では高齢化が進んでいます。高齢者は一般に医療や介護のニーズが高く、これに伴いナースコールシステムの需要が増加すると予想されます。

  2. 医療技術の進歩:医療技術の進歩により、より複雑な医療が可能になっています。これに伴い、患者の管理とケアの質を向上させるための高度なナースコールシステムへの需要が高まっています。

  3. デジタル化と統合:医療分野におけるデジタル技術の進展により、ナースコールシステムは患者の健康情報をリアルタイムで監視し、他の医療システムと統合することが求められています。これにより、効率的な医療サービス提供が可能になります。

  4. 人手不足の解消:多くの国で看護師や介護職員の不足が課題となっています。効率的なナースコールシステムは、スタッフの負担を軽減し、人手不足の問題の一部を解消することができます。

  5. 規制と政策の変化:各国の医療政策や規制の変化も、ナースコールシステムの需要に影響を与えます。例えば、患者の安全とケアの質を向上させるための新しい規制が導入されると、その基準を満たすためのシステムへの投資が増加する可能性があります。

  6. ユーザビリティとカスタマイズの重視:最終的な利用者である患者や介護者のニーズに合わせたユーザビリティの高い、カスタマイズ可能なシステムへの需要が増えています。

これらの要因を踏まえると、今後もナースコールシステムの需要は堅調に推移し、特にユーザビリティの高い、統合的で、高度な機能を持つシステムへの需要が高まると予想されます。


AI(人工知能)を活用することで、ナースコールシステムや医療・介護分野全般において、以下のような特有の機能や改善が可能になります:


  1. 予測分析:AIは患者の過去のデータや症状を分析し、将来的な健康リスクや緊急事態を予測することができます。これにより、看護師や医師が未然にリスクを把握し、早期介入を図ることが可能になります。

  2. パーソナライズされたケアプラン:患者の個々の健康状態や嗜好に基づいて、AIはパーソナライズされたケアプランを提案することができます。これにより、より効果的で満足度の高い医療サービスの提供が可能になります。

  3. リアルタイムの健康監視:ウェアラブルデバイスやセンサーと組み合わせることで、AIは患者の健康状態をリアルタイムで監視し、異常があれば即座にアラートを出すことができます。

  4. 負荷軽減と効率化:日常のルーチン業務やデータ入力作業をAIが自動化することで、医療従事者の作業負荷を大幅に軽減し、より患者ケアに集中できる環境を提供します。

  5. 意思決定のサポート:AIは膨大な医療データを迅速に分析し、診断や治療計画の策定をサポートします。これにより、より正確で迅速な意思決定が可能になります。

  6. コミュニケーションの改善:AIを用いたチャットボットや仮想アシスタントは、患者や家族とのコミュニケーションを助け、情報提供や疑問への回答を行うことができます。

  7. 継続的な学習と改善:AIシステムは継続的にデータを学習し、そのパフォーマンスを向上させることができます。これにより、システムは時間とともにより精度の高い予測やサポートを提供できるようになります。

これらの点は、AIが医療・介護分野に革新をもたらす重要な要素であり、今後のさらなる進展が期待されています。 AIの活用は、患者のケアの質を向上させるだけでなく、医療システム全体の効率化と持続可能性にも寄与します。



ナースコールを押すと看護師が来てくれる

#ナースコール

#PHS連動



Comentários


bottom of page