top of page

宇都宮市内のお客様 建物間配線工事

今回のお客様は敷地内にある隣の建物へ複合機を移設するとの事でFAX回線とLANケーブルの配線工事です。






既存の壁に貫通穴を開けケーブルを通します。

こちらの壁も穴を開けて

FAX回線とLANケーブルを通したら防水処理をして塞ぎます。







屋外用LANケーブルとは?家の外に配線するときの注意点

ンターネットに接続するために必要なLANケーブルは、屋内だけではなく屋外にも配線できます。屋外に配線する場合には、屋内の配線よりも注意する点が多いです。例えば、無線LANルーターからの距離やルーターのスペックにより、通信環境が悪い場合有線LAN接続を検討する必要があります。また、1階から2階、端と端の部屋など、間取りにも気を使わなければなりません。

設置に手間がかからない無線LANが広がりを見せていますが、屋外でも快適なインターネット環境を作るには、有線LANの利用がおすすめです。

近年のリモートワーク普及によって、場所を選ばずに仕事ができるようになってきています。そのため、気分転換に家のベランダや庭で仕事をする方もいるでしょう。

そのような方の中で、無線LANを利用していてインターネット接続に不満がある方は、通信環境が安定しやすい有線LANの活用を検討してみてください。

LANケーブルを屋外配線する際の注意点は、次のとおりです。

高い耐候性のある屋外用LANケーブルを使用していても、屋外環境により早く劣化してしまいます。そのため、断線や接続不良などが起きやすいという点には注意が必要です。劣化の進行を防ぐためには、電線保護材を使用することも検討しましょう。数日程度の配線であれば必要ありませんが、数ヶ月、数年程度の使用を想定している場合は、紫外線や雨水を防ぐ工夫が必要です。他にも、人や車が踏まないような経路を確保するだけではなく、ネズミや鳥など動物による衝撃対策も必要です。さらに、2階に向けて配線する場合は、ケーブルの自重で断線しないように支線ワイヤーを使いましょう。

人が歩く場所、自転車や車が通過する場所にLANケーブルを配線しなければならない場合は、ケーブル用のプロテクタを使用してください。ケーブル用のプロテクタとは、屋外用モールのことで、クッション性の高いゴムやビニールでできており、踏んでもLANケーブルが保護されます。ただし、ケーブルを固定する際はつまずかないように固定する必要があります。

また、屋外用の防水テープで接続部を保護することも必要です。屋外では特に雨水が原因で劣化することが多いです。そのため、中継コネクタには防水テープを巻き付け、雨水がコネクタに入らないように工夫してください。

LANケーブルの屋外配線方法

ここからは、屋外にLANケーブルを配線する方法をご紹介します。

有線LANを使用する場合は、配線の距離に注意が必要です。HUBを経由せずにLANケーブルだけで配線する場合、100mを越えると通信できない可能性があります。上下や真横など、離れすぎていない場所を可能な限り最短距離で結ぶように意識して配線しましょう。

壁の穴を利用する

LANケーブルを屋外に配線する方法の一つとして、壁の穴を利用する方法があります。壁の穴とは、エアコンや通気口です。ただし、壁に穴をあけてしまうと、壁内に敷設済みの電気など配線を傷づける可能性があるほか、あけた穴から雨漏りする可能性もあります。特にエアコンの配管穴を利用する場合は配線後のパテ埋めに注意し、雨漏りを防ぐ必要があります。

なお、壁に穴をあけて配線する場合は、自分で穴をあけずに業者に依頼してください。自分で穴をあけると、壁から雨漏りする確率が高まります。

Comments


bottom of page