top of page

厳格な個人情報管理が求められる病院・医療機関

医療機関でもITシステムの構築が進められ、情報活用が活発化しています。電子カルテシステムなどは既に多くの病院で導入されています。厚生労働省の調査によると、400床の一般病院では電子カルテシステムの導入率が75%を超えており※、中小規模の病院でも右肩上がりに導入が進められています。 以前は電子カルテシステムなどに抵抗感を示すドクターや看護士もいましたが、今では院内のIT化は大きく進んでおり、「電子カルテでペーパーレスになる」「カルテを持ち歩く必要がなく、導線が効率的になった」などさまざまなメリットが評価されるようになっています。 一方で、指摘されがちなのが、電子カルテシステムに保存される個人情報の問題です。「USBメモリから患者の個人情報が漏えい」「病院で不正アクセス事件」などがニュースとして取り上げられることもあります。また、地域の提携クリニックや検査会社、薬局とも、電子カルテシステムのカルテ、医事文書などのデータを連携することも増えていますから、多くの病院でセキュリティの確保のために、複数のセキュリティ対策を行っていくことは必須となっています。


多角経営で拠点数が増えた場合のセキュリティ対策も課題に

医療関係の施設を積極的に増設している病院もあります。例えば第二病院の建設を進めたり、リハビリ専門病院、ホスピス、老人ホームの運用も開始するところもあります。さらに、訪問医療を事業化し、その出張所を県内に複数設けている施設もあります。 事業拡大していくと、懸念されるのがセキュリティです。訪問医療向けの小規模な出張所であっても、電子カルテシステムを導入することが多く、情報漏えいを考えると十分なセキュリティ対策は必要です。とはいえ、複数拠点ごとにファイアウォール、IDS/IPS、アンチウィルスなどのセキュリティ機器を導入・運用するのも手間がかかります。

多層防御できるUTMでも、アプライアンス型だと限界が……

そこで医療機関におすすめなのがUTMです。UTMであれば、ファイアウォールとIDS/IPS、アンチスパムなど複数のセキュリティ機能を1台でカバーできるからです。 一方で、アプライアンス型UTMではハードウェアの運用が職員の負荷となります。ITを担当する職員にとって、UTMは大きなメリットがありますが、拠点ごとにUTMを導入するとなると、その導入・運用が手間になるケースも出てくるでしょう。 多くの病院ではIT担当は少なく、一般企業でいう「ひとり情シス」ということもあるようです。


「多層防御」で防ぐ① ファイアウォール

「多層防御」とは幾重もの対策でセキュリティ攻撃を防ぐ考え方です。年を追うごとにサイバー攻撃は激しさを増し、その手口は巧妙になっています。防ぐ側も、現れた攻撃に対処できる複数の仕組みを開発してきました。 これら複数の仕組みを合わせるのが、多層防御です。 多層防御をそれぞれ単体の装置で実施していては、運用が複雑になってしまうことから、開発されたソリューションがUTMというわけです。 この多層防御として、ここではファイアウォールとIDS/IPSを取り上げています。

ファイアウォールは外部から不正に侵入しようとする通信をブロックするソフトウェアです。日本語に訳すと「防火壁」となり、インターネットと社内ネットワークの境界に置く「門番」の役割を持っています。 門番であるファイアウォールは、外部から社内ネットワークに入ろうとしている「データ=不審者」の入館証(ヘッダ=荷札)に記されているポート番号やIPアドレスなどをチェックして、許されていないもの侵入を防ぎません。 たとえば、インターネットの通信では、利用できるポート(門)が決まっており、そのルールに従ってデータを振り分けています。ファイアウォールは利用できないポートをふさいで、空いているポートを探して忍び込もうとする不審なデータをはね返しています。

ファイアウォールの詳細については「[UTMの機能②]ファイアウォールで不正アクセス防止」で紹介します。

「多層防御」で防ぐ② IDS/IPS

当初はファイアウォールによるポート番号やIPアドレスの検問で不正なアクセスを防御できたのですが、悪意ある攻撃者は次第に巧妙になってきました。正しいポート番号とIPアドレスをファイアウォール(門番)に見せるのです。 ファイアウォールはその入館証に記されているポート番号とIPアドレスなどしか見ませんので、そのまま通してしまいます。正常なアクセスと不正なアクセスを区別することはできないため、不審者はファイアウォールをくぐり抜け、内部に侵入してしまいます。

ここでファイアウォール以外に新たな検出機能が必要になってきました。そこで用意されたのがIDS/IPS(不正通信防御/検知システム)です。IDS(Intrusion Prevention System)は忍び込んだ不審者を見つけ、通知するシステムです。IPSは一歩進んで、不審者を見つけた場合は通信を遮断し防御します。 その見つけ方ですが、2通りあります。1つは不審者の「パターン(シグネチャ)」を記憶し取り締まること(不正検出)。指名手配者の顔写真を記憶しているようなものです。 もう1つは正常な通信にはない「不審な動き」を見つけて取り締まる方法(異常検出)です。たとえば社内のサーバーに忍び込もうとしているデータを不審者として検挙します。

IDS/IPSの詳細については「UTMの機能③IDS/ IPSで不正アクセスやゼロディ攻撃を防止」で紹介します。

コストと人の課題をUTMが解決

多層防御には2つの課題があります。それが「コスト」と「人」です。 ファイアウォールはソフトウェアで提供されることもハードウェアと一体化されたアプライアンスで提供されることもあります。いずれにせよ投資が必要となります。これはIDS/IPSも同様です。 セキュリティレベルの維持に投資は付きものとはいえ、それぞれにコストを割くのは効率的ではありません。ここで開発されたのがUTM「統合脅威管理」です。多層防御を個々に行うのではなく統合して実施します。

「人」も大きな課題でした。セキュリティ対策機器の導入後における運用を、個々に行っては手間と時間がかかります。これもUTMが解決します。複数の機能を統合して導入することができ、複数のソフトウェアから上がってきたエラーを統合されたUIで確認できます。運用負荷が大幅に軽減され人的コストを最適化できます。このことは人材の有効活用やコスト削減にもつながります。

#UTM

#インターネットセキュリティ

#野添通信

#UTM野添通信

#UTM設置工事野添通信






最新記事

すべて表示

インターネットセキュリティのコンプライアンスについて

データ保護: インターネットセキュリティのコンプライアンスにより、顧客や企業の機密データが保護されます。これにより、データ漏洩やサイバー攻撃からのリスクが減少します。 法令遵守: 多くの国や地域では、データ保護に関する法律が存在します(例: GDPR)。セキュリティコンプライアンスを遵守することで、法的な問題や罰金のリスクを避けることができます。 信頼の構築: セキュリティ対策を適切に行うことで、

インターネットセキュリティとその対策について。

以下はオフィスや自宅のセキュリティに関する 一般的な質問とその答えの例です。 --- Q1: オフィスや自宅のセキュリティを強化する最初のステップは何ですか? A1: セキュリティリスクの評価を行い、現在のセキュリティシステムの弱点を特定することです。これには物理的なセキュリティとサイバーセキュリティの両方が含まれます。 Q2: オフィスにおけるセキュリティシステムとは具体的にはどのようなものです

インターネットセキュリティの必要性について

インターネットセキュリティの必要性は非常に高く、いくつかの重要な理由があります。 1. 個人情報の保護: インターネット上には個人情報が溢れています。これには、銀行情報、身分証明書、住所などが含まれます。セキュリティ対策がないと、この情報が盗まれるリスクがあります。 2. サイバー犯罪からの防御: フィッシング、マルウェア、ランサムウェアなどのサイバー攻撃は常に進化しています。適切なセキュリティ対

Comments


bottom of page